賃貸物件に設置された宅配ボックスの使い方

宅配便が届いた時に不在だと、日を改めて配達を依頼するか、自分から最寄りの宅配便事業所やコンビニなどへ受け取りに行かなければなりません。いずれにせよ、受取人も配達人も余計な手間がかかります。こうした手間を省くうえで、宅配ボックスは非常に役に立ちます。受取人が不在でも、宅配ボックスの中に入れてもらえば、帰宅時にボックスの鍵を開けるだけで配達物を受け取れるのです。宅配ボックスに配達物を入れたらロックするので、盗まれる心配はありません。

宅配ボックスには、番号を合わせる方式の鍵が付いており、宅配業者が設定した番号を入力すれば受取人は扉を開けられます。解錠に必要な番号は、配達人がメモに記して受取人の郵便箱に入れておくのです。

賃貸物件における宅配ボックスの有用性と注意点

宅配ボックスは、通常複数の扉があり、1つが塞がっても、他の空いたボックスを利用できます。このような複数タイプのボックスを賃貸物件のエントランス前に設置すれば、複数の賃借人が同時に使えるのです。解錠に必要な番号は、個人の郵便箱に入れてあるので、郵便箱に鍵が付いている限り、他の賃借人に番号を見られることもありません。特に、通販を頻繁に利用する人には、宅配ボックスが重宝されるでしょう。ただし、受け取りを忘れて、あまり長い間宅配ボックスに入れっぱなしにすると、管理会社や賃貸人が開けて回収してしまうことがあります。

したがって、時々郵便箱に不在連絡票や番号のメモが入っていないか、そして宅配ボックスに警告板が貼られていないかチェックすることも必要です。

新札幌の賃貸物件の最寄り駅が、札幌市街地まで電車で10分ぐらいの位置にあり、中心地よりも家賃相場も安価なため、社会人や学生に利用されている物件が多々あります。